越後雪室屋ブランドサイト

刈羽節成きゅうり[ブランディング]

柏崎市西中地区は明治時代きゅうりの一大産地であった。その旧来種は、遠くアメリカまで輸出されていたという。時代の流れを受け、旧来種の栽培は長年途絶えていたのだが、種が保存されていたのが発見され栽培が復活した。旧来種「刈羽節成きゅうり」の加工品商品開発、販売営業体制の構築、PR業務を1年間生産団体と共に行い、全国TV出演・会員制度の構築などを通して地元認知の拡大に成功した。

PR 小泉修一郎  CD 関本大輔  AD 中野浩之  D 中野浩之 

サービス

  • ブランドトータル
    ディレクション
  • 商品開発
  • デザイン業務全般
  • 営業体制構築
  • PR

2012.10.14

CATEGORY